北海道の大規模プールってどこ?

北海道の大規模プールってどこ?

北海道の大規模プールには、札幌市にあるウォーターパークていねプールや水の大国ラグーン、ガトーキングダムサッポロフェアリー・フォンテーヌがあります。
ウォーターパークていねプールは、札幌市の手稲区にあるプールで、主に夏季に営業しており、全長101メートルのウォータースライダーや洞窟の中を探検することのできるウォーターマウンテンなどが人気となっています。
また、水の王国ラグーンは、札幌市の定山峡ビューホテル内にあり、屋内温水アミューズメントとなっているため、一年中楽しむことができるのが特徴です。
この水の王国ラグーンは、総面積4000平方メートルの敷地の中に、流れるプールや波のプール、スライダーまであって、幼児から大人まで思い切り遊ぶことができるでしょう。
さらに、札幌市には、ガトーキングダムサッポロフェアリー・フォンテーヌというホテルにあるスパリゾートがあります。
こちらのガトーキングダムサッポロフェアリー・フォンテーヌの特徴は、ヨーロッパの本格リゾートをイメージしているところです。
ジャンボプールやスライダーのある太陽の光の降り注ぐ明るい屋内プールは、とても人気となっていますよ。
北海道には他にも、留寿都村にルスツリゾートと呼ばれる大規模プールがあります。
ルスツリゾートは、噴水プールやアクアコースター、スライダープールなどがあるだけでなく、敷地内に遊園地やゴルフ場などもある複合施設となっていることが最大の特徴です。