東北の夏祭りで有名なお祭りって?

東北の夏祭りで有名なお祭りって?

東北地方には、青森のねぶた祭り、秋田の竿燈祭り、仙台の七夕祭りの東北三大夏祭りと呼ばれる有名なお祭りがあります。
青森ねぶた祭りは、日本を代表する火祭りとして、毎年国内外から多くの観光客を集めることで知られています。
巨大な像がのった山車が市内の大通りを練り歩くお祭りで、ハネトと呼ばれる独特の衣装を纏った踊り手が「ラッセラー」と掛け声を上げながら、跳ねるように踊ります。
エネルギッシュで迫力のあるねぶた祭りには、毎年約300万人の人が訪れます。
ねぶた祭りは、観光客もチケットを購入することで、飛び入り参加して楽しむことができるのも魅力的です。
秋田竿燈祭りは、国の無形民族文化財として指定されており、何段も組んだ長い竿に約1万個の提灯をつけて、太鼓を叩きながら街を練り歩く光と音の祭典です。
夜になると竿燈大通りで、大小約250本の竿燈が披露されます。
竿燈の大きさにも種類があり、子ども用の「幼若」、「小若」、「中若」、「大若」があります。
一番大きいもので、高さ12メートル、重さ50キロにもなるそうです。
その竿燈を手のひらや額、肩や腰などに乗せてバランスをとる竿燈妙技なども繰り広げられます。
青森ねぶた祭りや秋田竿燈祭りが動のお祭りであるのに対して、仙台七夕祭りは静の祭りになります。
吹き流し、短冊、千羽鶴、巾着、くずかご、紙衣、投網の七つの七夕飾りが行列を成します。
これらの飾りには、それぞれに家内安全、健康長寿、学問上達、厄除けなどの意味があり、毎年、角商店街の皆さんが新たに手作りしています。
豪華な竹飾りの他にも、星の宵祭りでオリジナリティ溢れるパフォーマンスや浴衣の踊り手による七夕おどり、伝統芸能も楽しめるでしょう。
仙台七夕祭りは、日本一のスケールを誇る七夕祭りとして、毎年、全国から訪れる観光客を楽しませています。