関東の夏祭りで有名なお祭りって?

関東の夏祭りで有名なお祭りって?

関東の夏祭りと聞けば、誰もが隅田川の花火大会を思い出すのではないでしょうか。
隅田川花火大会は、東京都墨田区で開催される夏祭りで、約2万発の花火を二箇所の会場から打ち上げ、夏の夜空を彩ります。
隅田川花火大会は、東京の夏祭りの中でも一番観客数が多いお祭りといわれており、毎年約100万人の観客を集める人気ナンバー1の花火大会になります。
また、毎年花火コンクールも開催されており、趣向をこらした面白い花火が打ち上げられることでも有名です。
七月の二十日頃には、三日間程に渡って熊谷のうちわ祭りが開催されます。
熊谷のうちわ祭りは、関東一の祇園祭として有名な夏祭りです。
熊谷市街地を10数台の山車が練り歩くのが中心のお祭りで、中心市街の大部分は交通規制が敷かれます。
山車や屋台が各所で叩き合いを行い、最後にお祭り広場に集合して向かい合い、お互いの太鼓の叩き合いを行います。
山車と屋台はライトアップされ、勇壮なお囃子が響きわたり、観客を魅了します。
毎年約70万人の観客が訪れ、賑わっています。
毎年八月の下旬には、東京高円寺阿波おどりが開催されます。
約150もの団体、1万人の踊り子が軽快に踊るお祭りです。
阿波踊りといえば徳島県ですが、東京高円寺阿波おどりは、徳島に次いで第二位の規模を誇り、日本三大阿波おどりの一つとして知られています。
中には、外国人の参加者もあり、性別や年齢など、境遇に違いがあっても、深い絆を感じることができます。
毎年県内外から、120万人もの見物客が訪れている有名なお祭りです。