横浜花火ってどう?

横浜花火ってどう?

横浜花火大会は毎年たくさんのお客さんで賑わいます。
2009年の今年、横浜開港150周年を迎えることを皆さんご存知でしょうか。
横浜花火といえば、国際花火大会ですよね。
この花火大会は、神奈川県外からもたくさんのお客さんが足を運び、毎年大人気です!ですが、今年の国際花火大会は横浜開港150周年事業の真っ最中であり、花火大会の時間がこのイベントと重なってしまうため中止となります。
また、今年は横浜にとってトクベツな年であるため普段よりもたくさんの人が訪れています。
そのため、臨海部の観覧エリアの安全を確保することが難しいそうです。
横浜花火大会が中止になってしまうのは非常に残念ですが、開港150周年のイベントもとても素晴らしいものなのでぜひこちらへ足を運んでみてはいかがでしょうか。
横浜花火大会はまだまだあります!横浜八景島シーパラダイスでは、期間中とても立派な花火がたくさん打ち上がります!打ち上げ数も多くおよそ3500発もの花火が打ちあがり、八景島駅よりスグの場所で見ることができるようになっているのでこちらも大変おすすめの花火大会となっています。
普段皆さんは花火大会をどこで見ていますか?
多くの方は地上で打ちあがる花火を見ていると思います。
ですが、花火を見るための特等席が水上にあります。
間近で見ることができる花火は迫力も違います!また、地上で見る花火とは異なり、人も少なく、快適に花火見物ができるようになっている特徴があります。
小さなお子さんを連れているとやっぱり迷子が心配になってしまいますよね。
ですが、水上での花火見物は迷子の心配もありません!横浜花火大会にあわせたクルージングをチェックしてみましょう!2009年8月1日土曜日に行われる横浜神奈川新聞花火大会では、レストランシップ・マリーンシャトルや、シーバス、デッキ付きパーティー船・竜馬、レストラン・タイクーンなどさまざまな船やレストランがあります。
タイクーンはテラス席や特設観覧席が設けられており、ベストコンディションで花火を見ることができるようになっています。
横浜花火を見学したいと思っている方はぜひ一度このレストランをチェックしてみてはいかがでしょうか。

お料理も花火コース+おみやげとなっているのでお得な価格で花火をゆっくり満喫することができますよ。
シーバスも横浜花火見学におすすめです!シーバスは窓際の席と内側の席でお値段が若干異なります。
このバスの中では横浜中華街でも老舗となる四五六菜館の中華弁当を楽しむことができます。
美味しいお料理と迫力の花火で夏を楽しんでみてはいかがでしょうか。