諏訪湖花火ってどう?

諏訪湖花火ってどう?

諏訪湖花火大会は、長野県諏訪市の諏訪湖の上を4万発もの花火で彩られる最大のイベントとして毎年8月15日に開催されています。
今年の8月15日は土曜日となるため、例年よりもたくさんのお客さんで賑わうのではないでしょうか。
日本国内でも大規模の花火大会となる諏訪湖花火は、9月の上旬に行われる新作花火競技大会と共に人気を集めています。
去年2008年は60回となり打ち上げ数では日本最大級を誇ります。
諏訪湖は他の湖よりも比較的浅い湖となり、この立地を活かして湖の上にスターマイン発射台を10台設置。
更に、大ナイアガラと諏訪湖花火のメインでもある水上花火の仕掛けを設置しています。
湖の中に島があるのですが、この初島は10号玉を打ち上げるために作られた島となります。
この島のおかげで諏訪湖花火大会をより一層ダイナミックに演出することができるのです。
そして、諏訪湖花火大会の良さは花火の光だけではなくその「音」にあります。
諏訪湖の周りは山で囲まれているのですが、この地形がフライパンに似ているのです。
このフライパンの底のような地形は花火の破裂音が響くようになっているので、とても迫力のある音を楽しむことができます。
打ち上げた花火音の余韻はスグに消えてしまうわけではなく、数秒間残ります。
この余韻が諏訪湖花火大会の臨場感を高めてくれるのです。
諏訪湖花火大会会場の正面からは臨場感のある花火を楽しむことができ、およそ1キロに渡るスターマイン発射台や大型花火発射台を含めて諏訪湖花火大会の特徴となっています。
諏訪湖花火大会は2部構成で出来ています。
第一部では、競技花火となっているのですが長野県内5の県外5、合計10もの花火師たちがそれぞれ花火を競います。

10号早打ちは次々に花火が上がり、見ている人をトリコにしてしまいますよ。
スターマインでは規定量の花火玉で美しさを競います。
どの花火も素晴らしく、本当に美しいのでお客さんはどれもため息が出てしまうのではないでしょうか。
ちなみに、この諏訪湖花火大会に出場している花火師たちは諏訪湖以外でも活躍している日本を代表する花火師となり、ハイクオリティな花火を楽しむことができますよ。
そして、第二部では大規模なスターマインを楽しむことができます。
諏訪湖花火大会の水上スターマインKiss of Fireはとても有名なのですが、この花火を一度見てしまうと毎年諏訪湖花火大会に行きたくなってしまいます!諏訪湖花火大会を締めくくるのは、およそ2キロに渡って流れるナイアガラとなります。
花火がまるで滝のように見え、こちらも美しく花火大会の締めくくりとしてピッタリな花火になっています。
諏訪湖花火大会は毎年50万人ほどの見物客で賑わいます。
ぜひ、今年は諏訪湖花火大会に参加してみてはいかがでしょうか。