神宮外苑花火大会ってどう?

神宮外苑花火大会ってどう?

神宮外苑花火大会は、東京湾大華火祭・隅田川花火大会と並ぶ東京三大花火大会のひとつとして有名です。
この神宮外苑花火大会は、明治神宮外苑で開催され、正式名称は日刊スポーツ主催神宮外苑花火大会といいます。
毎年8月の中旬に行われる花火大会なのですが、東京ヤクルトスワローズ主催試合との関係でこの中旬が下旬に変わることがあるようです。
今年2009年は、上旬となり8月6日木曜日に開催されます。
打ち上げ数は12000発となり、雨天などの予備日は8月7日となるそうです。
唯一都心で行われる花火大会が神宮外苑花火大会となるのですが、実はこの花火大会、花火だけではなくアトラクションでも注目されている花火大会なのです。
花火が打ち上げられる前に、ゲストが出演しライブを行うのですがこのライブには演歌やJ−POP、歌謡曲、ラテン系などさまざまなジャンルのアーティストが出演し、毎年賑わっています。
最近の神宮外苑花火大会ライブパフォーマンスには、ハロプロやエイベックス系のアーティストが多数出演しています。
神宮外苑花火大会の歴史も古く、第一回は1980年に神宮球場で行われたのが最初となっています。
球場のバックスクリーンからはおよそ3000発もの花火や110メートルにも及ぶナイアガラの花火は当時この球場にいたたくさんのお客さんをトリコにしました!それからというもの、神宮外苑花火大会は毎年の恒例イベントのひとつとなり神宮球場・秩父宮ラグビー場・軟式球場・国立霞ヶ丘球技場の合計4つもの会場で行われています。
この花火大会の総打ち上げ数は10000発となり、盛大な花火を見ることができます。
気になるのはお客さんの数ですよね。
4会場では毎年15万人前後が訪れるのですが、神宮外苑花火大会見物可能エリアのお客さんを含めると100万人前後にものぼるそうです。
各会場では、うちわが配布されたり、スポンサーであるDHCからはDHCコスメの試供品が配られます。
また、軟式球場では日刊スポーツのレジャーシートも配布され、お客さんには嬉しいこと尽くめなのです!各会場で配布されるうちわですが、このうちわには抽選番号が記載されています。
この抽選番号は、神宮外苑花火大会が終わった後に豪華なプレゼントが貰える抽選会で使われます。

毎年神宮外苑花火大会に訪れるという方は、ぜひ会場でうちわを貰ってみてはいかがでしょうか。
唯一都心で行われる花火大会は、今年もたくさんのお客さんで賑わいます!水分補給を忘れずに!