福岡で有名な花火大会って?

福岡で有名な花火大会って?

1650年の水天宮落成祝賀を始まりとした350年以上の歴史を持つ久留米まつりに行われる、西日本最大級の規模を誇っている花火大会が「筑後川花火大会」です。
花火の打ち上げ数は、久留米市の篠山会場と京町会場の両会場で合わせて1万8000発。
西日本屈指のスケールの花火大会と言う事もあり、毎年全国各地から45万人以上の観客が訪れています。
迫力満点のナイアガラ、筑後川の水面に映る色とりどりの仕掛け花火や大輪の打ち上げ花火等、その鮮やかさに感動する事でしょう。
福岡の夏の終わりを告げる一大イベントの花火大会が、福岡市東区で行われる「Fukuoka東区花火大会」。
香椎浜沖の台船から花火が打ち上げられる為、夜空だけではなく海面に映る鮮やかな花火の姿を海岸沿いのどこからでも楽しむ事が出来ます。
花火の打ち上げ数は、スターマイン、尺玉、ギントラ等、種類豊富な花火が合わせて7700発。
休みなく打ち上げられる、迫力満点の花火大会です。
また、会場では焼きとうもろこしや綿あめ、お好み焼きと言った沢山の露店も並んでいますので、花火と一緒にB級グルメでも盛り上がれますね。
福岡の夏の風物詩としてすっかりお馴染みになっている花火大会が、福岡市の大濠公園で行われる「西日本大濠花火大会」。
都心部で行われる花火大会としては最大級で、毎年40万人前後の観客が会場に訪れています。
花火の打ち上げ数は6000発で、打ち上げ音がビルに反響して市内一円に響き渡る大迫力を楽しめます。